神の楽器

久しぶりの芸劇。

トランペットとパイプオルガンのコンサート。
なかなか日本では貴重で、贅沢な時間。
ピアノよりはるかに壮大で、トランペットの音色との調和がとても素敵でした。
ルネサンス・バロック、モダンのパイプオルガンの違いも楽しく、

山本先生のやわらかいトランペットの音色🎺に包まれました。

そういえば…パイプオルガンは、神の楽器とおっしゃっていた方を思い出したり。

圧倒的な存在感に乾杯!

関連する記事

観劇

アンデルセンの作品「絵のない絵本」

久しぶりの下北散歩