17回目のケイコ倶楽部のご報告

次回のケイコ倶楽部は、6月25日土曜日

16時開演
場所は、同じくピアノサロン ノア 吉祥寺店で、ご来場を心よりお待ち申しあげます。

さて、先日16日、土曜日は、ピアノイベント『ケイコ倶楽部 vol.17 春の音連れ』

「春の音連れ」 プログラム
1、グラドゥス・アド・パルナッスム博士 クロード・アシル・ドビュッシー(1862年8月22日 – 1918年3月25日)
2、カンタータ 208番 「羊は安らかに草を食み」 ペトリ編曲 ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1685年3月31日 – 1750年7月28日)
3、花の歌 グスタフ・ランゲ(1830年8月13日 – 1889年7月20日)
4、無言歌集より「春の歌」 ヤーコプ・ルートヴィヒ・フェーリクス・メンデルスゾーン・バルトルディ(1809年2月3日 – 1847年11月4日)
5、早春賦(1913年(大正2年)に発表) 吉丸一昌作詞・中田章作曲
6、ブエノスアイレスの四季より「冬から春」 アストル・ピアソラ(Astor Piazzolla, 1921年3月11日 – 1992年7月4日)
7、春に寄す エドヴァルド・ハーゲルップ・グリーグ(1843年6月15日 – 1907年9月4日)
その他、映画音楽や、リクエストの曲
ニューシネマパラダイス、ライムライト、海の上のピアニスト、なごり雪、桜等お楽しみコーナー。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
13000115_1773365049543211_79711567992773806_n

ご来場いただきました皆様、今回もありがとうございました。

今回のテーマは、作曲者ではなく、いろいろな春の曲をお届けいたしました。

ドイツの春、北欧の春、南米の春などなど。

作曲者としては、生きているうちに、作曲家として成功し、幸福だったと言われているメンデルスゾーンにクローズアップさせていただきました。

春らしく、ハッピーな曲を数々作曲したお方でございます。

また、後半は、前にも好評頂いたジョン ケージの偶然性の音楽を皆様とご一緒にm(_ _)m

12274488_1773365099543206_4102317130043839747_n

風船のしぼむ音とピアノの調和?!笑

懇親会も、とても楽しく皆様と時間をご一緒出来たことに感謝いたします。

吉祥寺には、たくさんの店がありますね!
今回は、イタリアンに。

13043352_1773365146209868_2993180572312393050_n

クラシックとジャズの違いや、私が思うジャズとは!!

生ハムとプロシュートの違い‼️など

あっ、やってほしいリクエストなどなど、皆様とかなり熱く語らせて頂いたような?!

楽しい時間を、本当にありがとうございました。

素敵なお写真頂き、ありがとうございましたm(_ _)m

関連する記事

『Kaleidoscope vol.2 ~Xmas Night~』

ピアノへの誘い kc.21

東北交流応援プロジェクト「Pride of JAPAN〜思いを一つに」