ベートーベン生誕250年

緊急事態宣言延長…涙。

今年はベートーベンの生誕250周年で、コンサートが世界中で予定されていましたが、この度の件で…残念ながら。

私も弾く機会が無くなりました。涙

以下の記事を見つけました。
ベートーヴェン/Arno Lücker編
【エリーゼのために】コロナ版

Posted by Keiko Izutani on Tuesday, May 5, 2020

とても距離をとって しかし 人間らしく温かな心で演奏するように。
音も私たちと同じようになるべく離れて行動するように、音たちは最低でも長3度以上離されて編曲されています。
例えば「エリーゼのために」は、あまりにも狭いステップで、あまりにもクロマチック。
だからこそ、これからは 全ての音符の間に少なくとも長三度以上の間隔を空けて!
できる限り避けましょう。

コロナの危機に直面して、適切な距離で、細菌のない “エリーゼのために″を。さらに、このバージョンは、今後未来への無調音楽の新たな聴衆を開拓しています。もっと何ができるのか?

楽譜無料ダウンロード可
https://blogs.nmz.de/…/mindestens-eine-grosse-terz-abstand…/

関連する記事

カルテット鑑賞

打ち合わせと鑑賞